M-1グランプリ2018 敗者復活戦寸評

バイトの都合でどうしてもリアルタイムで見ることができなかったM-1グランプリ2018。
バイト中から帰宅して晩御飯を食べ終えるまで、一切の情報を遮断して過ごしてきた。
スマホをいじるなんてもっての他で、万全を期すために普段持ち歩くことも聞くこともないウォークマンを耳の穴に捻じ込んで不意な音情報も遮断。タイトなジーンズに捻じ込むBOAの気分です。
20時半に帰宅したのだが、DVD予約が稼動していることをランプで確認したら
無音の中で壁を見つめながら晩御飯を食べ、風呂では今年一年の汚れを洗い流すかの如く入念に全身を手入れし、湯上り後は長丁場に備えて化粧水と乳液を顔面に塗りこみ録画と平行して、いざ敗者復活戦からチェック開始。
10年前の最新鋭で購入したブルーレイ対応録画デッキ。1テラバイトのダブルチューナーを購入して本当に良かった。有馬記念500円×2万円がスマッシュヒットして10万円に化け、そのままビッグカメラで購入した代物。これがあるから本選録画と平行して敗者復活戦を見ながら、このような寸評を書くことができているのです。ありがとう、あの時の勝ち馬ちゃん。なんだったか覚えてないけど、調べようとしてネットにつなげてM-1情報が入ってきたら台無しなので、このまま続行。
さて、本題です。
敗者復活を見ながら、簡単な感想を並べていく。ただそれだけです。
自分自身の来年の為へのメモ。

さて16組の始まりです。頑張れ、全組!
決めるのは視聴者なのね。

ウエストランド
らしさは出せた。面白かった。が、ちょっと弱いか。トップバッターはきつい。

ダンビラムーチョ
このパターンでは突き抜くことはできない。来年パワーアップを期待。

さらば青春の光
観客席を巻き込んだ入り方。さすが。そして論点ズラしたボケ返し。さすが。

ミキ
使い古されたサザエさんでここまで笑いを取るとはさすが。低い声が振りじゃなかったのは残念。

たくろう
聞き間違いのパターン、言い間違いのパターン。2年目でこれは天才的。ラスト残念。

からし蓮根
正統派の構成。お手本的な漫才。息長く活躍することは間違いなし。勝ち残りあるで。

アキナ
擦られまくったパターンをここで投入。そりゃ訳のわからん流れに持込むしかないよね。残念。

金属バット
見事なまでの立ち話。毎度おもろい。ラジオでずっと聞いていたい。好みが分かれるだろうけど、勝ち残り希望。

マユリカ
近々ストレートで決勝に行くでしょう。ボケが一切客席見ず、それがイマイチ残念。

東京ホテイソン
後半にもう少しピッチを上げて欲しかった。勝ち残り予想していたが厳しいか。

侍スライス
掴みで掴みきれず、その後ペースを取り戻すもこれは漫才か。

ニッポンの社長
まさかの「荷物多いんかい」でラストまでいくとは。残念。キングオブコントで頼む。

マヂカルラブリー
上沼恵美子に怒られれば良いと思う。

三四郎
掴みがさすが。そして見事なふざけ具合。もう決勝行く気ないでしょ。

プラス・マイナス
おもろいわ。見事なまでの2人の交差。舞台を楽しんでいて見てる側も楽しい。勝ち残り決定。

インディアンス
いつもパターン。勢いの割りにそんなに面白くない。田渕をもうちょい弱めてツッコミと合わすネタをしていかないと先がないんじゃないか。


ということで、
プラス・マイナス
金属バット
さらば青春の光
からし蓮根
この4組のいずれかだと思う。

さて本選の録画チェックと寸評に移ろうか。