東京オリンピック2020 運営ボランティアのなぜ

東京オリンピックパラリンピックのボランティアは

東京までの交通費
滞在中の宿泊費
これが支給されないらしい。
言うまでもなく、ボランティア活動に対する金品の支給は無い。

これはとんでもないことだと思う。

オリンピックの裏側では、テレビ局や広告代理店がスポンサーを集めに集めてえげつない金額を荒稼ぎする。
スポンサーは売上アップを期待して広告を出すわけで、そこにもかねかねかねの存在。
それらの運営を「ボランティアちゃん、お願いね」ってふざけてるよね。
選手たちもギャラが出るわけでもなく、周辺に群がる人間たちがひたすら儲けようとする構図。
儲ける行為は当たり前なんだけど、ボランティアフル稼働の裏側でなんだかな。

オリンピック関連で広告手数料は一切頂きません!
放映権は内部留保から買います!
広告は出しませんがお金出します!

それでやるオリンピックなら無償ボランティアもわかるんだけど、東京都や国が綺麗な言葉でコーティングしてボランティアを募集する。それで一部の企業が儲かる構図。

必要だと言われるボランティア11万人を、オリンピックに携わる企業はバイトとして雇えばいいんじゃないか。もしくは利益を出したいならば、その期間は従業員を無給で働かせればいいんじゃないのかね。
ボランティアの隣で似たような労働をするオリンピック関連企業のエリート社員は給与が支給されているわけである。
どうせなら必死で掲げている同一労働同一賃金または同一労働同一無賃金でやっちゃいなよ。

日給1万円×110,000人×オリンピックとパラリンピックで約30日×出勤日70%=ざっと230億円。
ここに宿泊費や交通費、その他経費を含めるとブルゾンちえみもビックリの350億ぐらいになるんじゃないかね。

えげつなく儲かるわけだから、これぐらいの端数出せば良いのに。

オリンピック関連企業は本来ならば経費となるこのお金を出さずして、巨額の儲けを手にするのである。

現在建設が進んでいるスタジアムなどはボランティアでやっているわけではない。
なぜ運営はボランティアに頼ろうとするのか。だとしたら、建設もボランティアにしたらいいんじゃないでしょうか。「東京オリンピックに使われるスタジアムづくりに参加しませんか?あなたの左官が日本の金メダルを支える!」意外とボランティアが集まるかもね。けどこれはあり得なくて、建設には税金が投入されるっちゅうことで、不透明な建設費水増しで当初見積もりから数倍の数千億の金額に膨れ上がる。

きよきよしく、運営もすべて商業化してはどうだろう。

その上で「いや、お金は結構です」という人がいるならば、そのお金を途上国や弱者に寄付する形にすれば、先進国を中心にして行われる利権オリンピックが真に世界の役に立つと思うんですけど。

そんな僕はお金を払ってでもオリンピックを観に行きたい人種なんですけど、貧乏暇なし、そもそも明日のご飯すらままならない極貧生活。

僕にもオリンピック利権をください。