バイトの身ですがオススメの2冊

単なるバイトの身ですが、資料作りの本で何かオススメはないかと聞かれることがある。

ハッキリ言って僕のパソコンにはマイクロソフトのワードやエクセル、パワーポイントなどオフィスソフトは一切入っていない。そもそもバイト以外でパソコンを立ち上げる機会が滅多にない。

にも関わらずありがたいことに、エクセルの使い方を教えて欲しいやら資料作りの構成と文章作りの要諦を教えて欲しいと色んな方から色んな事を聞かれる。

太めな体型で角がない
自己啓発本を凌駕する前向きな考え方と発言
その人の為になるなら包み隠さず教える姿勢
勉学と女心を除いて、知っていることが多い

この4点がその理由なんだと思うけど、所詮は誰も関心がないような事への異常な記憶力とその場しのぎの頭の回転と酒によるリセットが成せるわざであり、結局は単なるバイトなのである。

とりあえずパワーポイント関係の資料作りに使えそうなオススメを下記に2冊記します。いずれも、いわゆる、フォントを何にしてどんな大きさにして操作はどのようにして的なテクニック偏重本ではなく、もう少し俯瞰したような本である。そもそも企画書の作り方とかパワーポイントの使い方とか知らない僕が推薦するのも誠に僭越ではございますが。

とりあえず1冊目。
タイトルがあまりにもありがちで軽薄な感じなのですが、極めて地に足ついた内容で、言われてみると当たり前なんだけど意外と全ては出来ていないことを痛感する内容。入社3年目までに読んでおきたい。
一発OKが出る資料 簡単につくるコツ: 「説得」「アピール」「プレゼン」「決裁」最強の方法 (単行本)

加えて読みたい2冊目。
数ある企画書作りノウハウ本の中で熟読するに値すると思います。そもそも僕もパラパラ読みレベルですけど。
論理思考×PowerPointで企画を作り出す本

エクセルの本は本当に読んだことなく、バイトの日々の実践と頻繁なWeb検索で習得したレベルにより今回は割愛させて頂きます。