藤井四段に伝えたい。僕の王将の横、空いてますよ。

バイト代が入って早速ではあるがお金がない。諸々諸経費をさっぴくと手元に小銭しか残らないのである。

明日にはバイト業務で東京→名古屋と日帰りながら遠征が控えている。

ということは、売店とご当地グルメの誘惑に勝てるわけもなく、その時点で全財産を失うことになろう。それはすなわち次のバイト代までの20日間をゼロ円で過ごさなければならないことを意味する。

同年代といえば、ある程度の役職につき、ある程度の資産を築きつつ、厄年の足音が聞こえてくるお年頃である。僕には役職も資産もなく、あるのは負債とクサいと厄年の足音だけである。

加計問題とか森友問題とかどうでもよくて、まずは僕というおっさん問題を何とかしてもらいたい。

ちなみに今月はパケット制限も差し迫っており、東京で調べものすら厳しい見通しである。

現代社会において大都会東京でスマホなしでアチコチ回る緊張感といえば、ドMの僕には股間がカチコチなわけで、羅針盤を持たずに大海原へ航海に出るのと同義であり、それはすなわちフリーで入ったデリヘルで嬢を指名しないことを意味するわけで後悔先にたたず、股間の方も勃たないと思いきや、思いっきり勃っちゃうわけで、とりあえず次のバイト代までひたすら家飲みに徹するとともに溜まっている読書と色々と書き物をストックしてお金を使わない生活を天神祭まで継続していく所存でございますが、藤井四段の快進撃が続いている将棋ブームに便乗して学生以来久々に手を出してみるのもありかな。

いや、ダメだ。

僕は既にハンデを強いられている。

王将の両サイドが空いている。

だって金がないのだから。

いや、火の車で飛車か。漢字が違うな。

 

夏競馬頑張ろ。