R-1グランプリ2017 寸評

所用でライブでは見れなかったR-1グランプリを録画でようやく今から見ることができる。

そして見ながら各ネタの寸評と来年への展望を書き連ねる。
結果を見る前のリアルタイム書き込みであるので誤字脱字には
何卒ご容赦いただきたい。

レイザーラモンRG
ドラッグストアのくだりがなにひとつ面白くなく、残念。

横澤夏子
女性のあるあるはもうお腹いっぱい、残念。

三浦マイルド
このブロックでネタとして一番良かった。
ネタ時間の都合だろうけど、テンポを緩めてひとつひとつをはっきりと
言った方がもっと受けたんじゃないかな。言い方も一辺倒だったし。
惜しい。

サンシャイン池崎
何してんだかさっぱりわからなかったけど、前3組とは異次元のテンションと勢いが
笑いたくてスタジオに来た観客にうけ、審査員もそれに引っ張られたのだと思う。

個人的には、三浦→サンシャイン→RG=横澤


ゆりやんレトリィバァ
さすが、ザ・エンターテイナー。舞台と時間を最も優雅に使い、面白かった。

石出奈々子
個人的には面白さはわからないけど、一人コントをしっかりとこの大舞台で
見事にやり切った。組み合わせの妙もあったと思うが勝ち残りも納得。

ルシファー吉岡
Aブロックでトップバッターとして見たかった。そうすれば今年のR-1全体の
盛り上がりに繋がったと思う。オチの弱さが残念ながら、よく出来たネタで
Bブロックが実はレベルが高かったことを印象付けた。

紺野ぶるま
何もおもしろくなかったが、ビジュアルの良さが際立った。

個人的には、ゆりやん→ルシファー=石出→紺野


ブルゾンちえみ
新しい世界観で売れっ子なのは納得。しかし経験不足が露呈した感じ。
客席の空気感で強弱をつけることできるようになればもっと自在でおもしろくなる。
頑張って欲しい。

マツモトクラブ
イッセー尾形を超えるのは彼だろう。しかし設定がちょっとやり過ぎたか。
RGの新幹線スルーを持ってくるあたりはブルゾンとの経験の差を見せつけた。
それにしてもネタのチョイスが残念。

アキラ100%
こんなもん全人類年齢問わず笑うやろ。ダントツすぎる。
今年の忘年会はいたるところで阿鼻叫喚のポロリが予想される。

おいでやす小田
ルシファー吉岡同様、しっかりと構成されたネタではあるが
作り手思考過ぎるというか、作家とかに受けそうな感じ。もう少し見る人目線で
作って欲しい。よく出来ているし隙はないだけに残念。

個人的には、アキラ→おいでやす→ブルゾン→マツモト

ブルゾンなに泣いとんねん。
噛んだ辺りから怪しかったが、ネタ飛んだのは言わなければ特に違和感なかったのに。


決勝の決勝

サンシャイン池崎
2回は不要。おもしろくないことはないけど笑うところもない。優勝はない。

石出奈々子
2回は不要。これならゆりやんかルシファーを見たかった。

アキラ100%
2回だけど前2組に比べて唯一笑いをとれたのがこれ。まぁあまり笑えなかったけど。
パターンに限界があるだけにこの先が心配ながら、この瞬間は一番輝いたと思う。
この3名での優勝は納得。人も良さそうだし、ブレークしてもらいたい。


とりあえず女性芸人による女性あるあるほんともうお腹いっぱい。
そんな中でゆりやんとブルゾンには今後突き抜けて欲しい。

日本一早いR-1グランプリ2018の予想は後日にするとして、
ひとまずアキラ100%の優勝に乾杯。