年末ジャンボはロマンティックが止まらない

先日UPしたように今年はフルスイングで年末ジャンボ一等を狙う。
原資は3万~9万円。

とりあえず最低金額3万円ジャンボ100枚購入を前提に考えてみたい。

まずは買い方。
A 連番
B バラ
C 同一末番

10億を狙うならばAしかありえないわけであるが、当選結果をみる楽しみが薄れてしまうのが欠点。
どうせハズレるならば結果ぐらいは楽しみながら確認したい。
どうせハズレるけど。

その点Bは当選結果を見ることこそが醍醐味である。
引換にMAXは7億に下がる。その醍醐味が3億相当ということだ。
どうせハズレるのだから3億ぐらいどうってことはない。

ところでCはどういう意味?と思った方も多いのではないだろうか。
僕はこのCを推したい。

通常の年末ジャンボ宝くじは末尾1ケタ一致で末等300円が当たる。
これを逆手に取るわけだ。

末尾一桁が当たる可能性は0~9だから10分の1。
100枚すべて同じ末番を購入し、それが当たったとすれば3万円丸々返ってくるのである。
つまり10分の1で3万円当たるようなものなのだ。

普通に買えば3,000円が保証されるわけであるが、それを投げ捨てて3万円を回収にかかるのもありだと思わないだろうか。
ちなみに4等1万円でも確率は1万分の1と言われている。

それを聞くと完全無欠のぐぅの音も出ない買い方だと感じるはずだ。
横文字でいうならPerfectPurchase。略してPP。
PPで当ててパイオツ触ろう。見事なまでのPPAPである。商標登録も辞さない覚悟である。

では末尾何番を買えば良いのだろうか。
こういうのは傾向と対策が重要だ。
過去9回分の末等の番号を2007年から並べてみよう。

2007 3
2008 8
2009 9
2010 3
2011 9
2012 0
2013 0
2014 8
2015 9

9が3回。
3,8,0が2回ずつ。
あからさまな偏りである。歴史は繰り返される。
3,8,9,0から選抜することになる。

何かヒントはないか各年の流行語大賞を並べてみる。
2007 3 どげんかせんといかん、ハニカミ王子
2008 8 グ~!、アラフォー
2009 9 政権交代
2010 3 ゲゲゲの~
2011 9 なでしこジャパン
2012 0 ワイルドだろぉ
2013 0 今でしょ!お・も・て・な・し、じぇじぇじぇ、倍返し
2014 8 ダメよ~ダメダメ
2015 9 集団的自衛権
そんなのもあったなぁと遠い目になるだけで、残念ながら何も見えてこない。

で、経過は端折るが結果的に3が濃厚である結論に行き着いた。次点は8。
3と8を半々で買うのもありだと思い始めているぐらいである。
というわけで、買い方はC。3か8の末番同一買いに決定。

次はどこで買うか。
A ジャンボ特設売場
B 常設だけど当たりがよく出ている売場
C 問わない

ジャンボを買っている気分になれるのはやっぱり熱気ムンムンの特設会場だろう。
どうせハズレるなら気分だけは味わえるAに決まっている。
しかし並ばなければならないというデメリットがある。
僕は時給が低くて特にやることもないクセに行列に並んだり待ったりといった時間の浪費があまり好きではないのである。

ジャンボ購入気分を味わいたい感情と並びたくない感情と3分の1の純情な感情とでは、
僕は断然並びたくない感情が勝ってしまう。

じゃあどうせハズレるけど、ひょっとするとに賭けてBという選択肢が順当だろうか。
たまたま買う人が多いだけで当たっているように見えて単位人数あたりはほとんど確率は一緒だろ、と思うだろうか。

最初の末番検討で示したように、人智を超えた偏りというのは存在する。
所詮われわれ人間など宇宙の法則の中では"無″同然であり、人智を超えた偏りはむしろあって当然と考えるべきなのである。
すべての事象は平等に起こると考えること自体が思い上がり以外の何物でもない。

福娘は存在するし、当たりやすい売場は存在するのである。
しかしそのような売場を探したりそこに行ったりすることに時間を割きたくない自分がいる。

ということで、Cに決定。
ただ普通にCだと面白くないので、100枚を出来る限り別々の売場で購入したい。
理想は100件で100枚。
売場を問わず目に付いたところで末番を指定して1枚だけ買うことを繰り返す。

僕は現代社会では有り得ないほどお金がない。
お金がないだけではなく、奇面・奇形・キモイ・臭い・だけど腐らない、の元祖5Kである。
深海や僻地に生息すべき生物であるが、日本有数の都会とされる大阪を主戦場に日々生きている。
大阪の至る所には宝くじ売場があり、
くじ売場、くじ売場、一つ飛ばして、くじ売場といって過言ではない。
100件100枚も不可能ではない。
むしろ年内に僕がおっぱいに触ることができる可能性に比べれば、10億倍ぐらい達成確率は高いといえるだろう。飛行機が堕ちる確率よりも低い。おっぱいを揉めませんでした、揉めませんでした。僕は何を思えばいいんだろう。好きな歌を歌う。だって人間だもの、みつを。
だれがROOKIESやねん。

ということで買う場所もCに決定。

どこでどのように買うかまで決まった。
さていよいよラスト。
あとはいつ買うか。

今でしょ、じぇじぇじぇ。
というわけにはいかない。

繰り返しになるが僕はえげつなく貧乏だ。
執筆現在の所持金は21円。谷町線でなに食わぬ顔をして座っているけど、この電車の全車両の全乗客の中で僕が一番お金がない自信がある。
はす向かいにいる塾帰りと思われる小学生と比べてもゼロ2つぐらい少ないかもしれない。

お金は現代社会においてその人の戦闘力そのものだ。ドラゴンボールでいうならば、「戦闘力たったの5・・・ゴミめ。」の状態だ。スカウターなるものが存在しなくて本当に良かったと思う。

ユニクロの柳井さんはさしづめ戦闘力53万のフリーザクラスで3回変身を残しているような状態だろうか。昨今の業績を見ているとあと1~2回が限度か。
ビル・ゲイツはゴクウブラックロゼまたは不老不死になった界王神といったところ。まぁトランクスに剣でブスッといかれたらアウトだろうけど。

とにかく原資を確保しなければ僕のこの2話に渡る壮大な宝くじブログが水泡に帰する。
何が何でも成し遂げなければならないのである。

ではいつ買うのか。
A 明日にでも買う
B 12月12日
C 買わない

僕の今の勢いならばAと言いたいところであるけど、明日はバイト代が入る日でありながらいくら入るかも読めていない。
そんな日に全額握りしめて宝くじ売場に突撃はあまりにも無謀すぎる。
朝の御堂筋線女性専用車両に全裸で乗り込み「僕は痴漢じゃありません!それでも僕はやってない!」と叫ぶようなものである。誰がどう見てもやっている。間違いなく違法なクスリもやっている。マンモスヤクピーの高相さんも真っ青である。

というわけでAは消えた。

2話に渡る壮大な宝くじブログを水泡に帰するつもりはもちろんないのでCも消える。

ということは
B 12月12日に決定だ。

天保5年12月12日といえば、そう、誰からも愛される我らが大好き、万札の顔、福沢諭吉の誕生日だ。
まぁ旧暦なので今の暦だと1月10日らしいんですけどそんなものは所詮我々人間が作ったもので、宇宙の法則の元では無に等しい。

国民的大ヒットゲーム、ファイナルファンタジーⅤのラスボスも言っていた。
宇宙の法則が乱れる、と。乱れちゃダメなんだけどね。

だからまぁ12月12日を諭吉さんの誕生日としようよ。

いつどこでどう買うかがようやく決まったので整理してみよう。

どうやって買うか
C 末番同一
どこで買うか
C 問わない
いつ買うか
B 12月12日

奇しくもこちらもクスリで捕まった
C-C-Bとなってしまった。

どんなに貧乏でどんなに追い込まれてもクスリダメゼッタイ。

ちょっと咳が出るので風邪薬やってきます。