読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年のメモ

スマホのメモ帳を整理していると出てくる出てくる、訳のわからないのが。
間違いなく自分のメモなんだろうけど覚えてないのな、こういうのって。

3代目ジェイソールブラザーズを継ぐであろう4代目ジェイソールブラザーズは相続税を払うのが大変だと思う。

トランプが大統領になれば日本は高田純次が首相ぐらいでちょうどいい。

電波少年さえあれば
「トランプ議員とチェスがしたーい。」とかいう企画が成立するのに。

もし宝くじで4億が当たれば日本で一番高いジャガイモでお腹いっぱい分のポテサラを作る。

おっぱい掛ける艶髪の2乗割るブス=100を超えればノーチェンジ。100以下ならば苦虫を噛み潰したような顔でノーチェンジ。

1富士2おっぱい3茄子
銭湯じゃねーか。

初めてのおつかいの主題歌がBBクイーンズなら、
初めてのおっぱいの主題歌はEEクイーンズぐらいの方が視聴率は取れる。

8Kの画質でおっぱいを見たら多分僕は死ぬ。
てか死ぬ前に一度で良いから見てみたい、女房がへそくり隠すとこ、歌丸です。

AKB48よりもF70を評価したい。

懐かしいお話。
ビルクリントンの不倫スキャンダルを演出したのはモニカルインスキーさん。

ある意味僕もミニモニ。だ。

など、酩酊の帰宅電車で残してるのが大半だと信じたいけど、また脳ドックに行くべきかと少し不安にもなる。

そんなメモの中に2014年の末頃に書いたと思われる宴会のオープニング対策があった。そもそもバイトの身で宴会に誘われることもなく、万が一誘われても行くお金がないため
「今度の休みはちょっと人間ドックなんで。」
と断れば角がたたないことを新社会人の諸君は覚えておくと良い。

それにしてもオープニング対策を見ているとほんの2年前なのに話題とか流行語なんて忘れているもんだとつくづく感じた。


はいどうもー

明けましておめでとうございます。

いやいや、毎年この時期になったらよく聞くボケやん。
まだ明けてへんから。

もう明けてるやろ、2014年。

今年のご挨拶かい!遅い遅い。

こんだけいらっしゃったら、まだご挨拶できてない方もおるかもしれへんやろ。
俺はキチンとご挨拶しときたいねん。

律儀なんか逆に不誠実なんかようわからんけど、まぁええわ。
もう2014年も終わりですよ。
今年も色々あったねー。

あったあった。
今年は新年早々、聞こえなかった耳が急に聴こえるようなるし、ものすごい細胞見つけたと思ったら思い込みやったし。
スタップ細胞は・・・《溜めて》ありましぇん!《髪を耳にかける仕草で武田鉄矢の全力モノマネ》

急になんやねん!
確かにゴーストライター騒動やらスタップ細胞やら、年明けから話題に事欠かん一年やったなー。

兵庫県のあの議員、
西村京太郎でも山村美紗でも思いつかへん難解な時刻表トリック使ってカラ出張繰り返してたのに、奇跡的にようバレたな。

あんなもんサスペンスならオープニング3秒でわかるぐらい明解やったやろ。むしろあれがなんでバレへんと思ったのかいまだにわからんわ。

お前の浮気もすぐバレたもんな。

うるさいわ、いわんでええ!

釈明会見では涙はとまらへんし、水飲むし、訳のわからんこと叫び出すし。

うん、あれはおもろかった。

お前のことやで。

俺のことはええねん!そもそも会見なんかしてへんし、泣いてへん!ひたすら釈明を繰り返しただけや。次の話題いこ、次の。

代々木公園で刺されて高熱出ていうやつあったんやん?なんやら熱。
赤い顔したつり目の鼻でかい奴に追い回されたらそりゃ熱出るっちゅうねんな?

赤い顔して鼻でかい・・・、デングじゃなくて天狗な。

ほんで極めつけはエボラやろ?
俺もう焼肉食べられへんで。

それ、エバラや。
そーいえば山の噴火もあったな。

あー、あったあった!
CSでの対巨人戦な!セカンド上本、ショート鳥谷、ファーストゴメス。
あのダブルプレーは鮮やかやった。

それ、御嶽山じゃなくて、4-6-3な。
それにしても阪神惜しかったねー。

廃棄分とか落ちた分を混ぜるとかとんでもない事件あったけど、やっぱりファミマのチキンが一番美味しいわ。
昨日も食べたけど美味しかったで。

それ、阪神惜しかったね、じゃなくファミチキ美味しかったで、やん。
そんな報告いらんねん!

あとほんであれや。
小笠原諸島周辺での中国漁船な。

あーあれな。珊瑚を取りに130隻集結とかすごいよな。

130といえば、
俺の日給手取り130円やで。

お前の嫁のピンハネの方がすごいな!
もうちょいもらってもいいぐらい働いてると思うよ。

浮気して釈明するようなお前に俺の何がわかんねん。

それ言っちゃダメよ~ダメダメ。

個人的自衛権発動かい。

どうもありがとうございましたー。

広告を非表示にする