BIGMANで天体観測

週末の金曜日18時から19時頃、BIGMAN前は待ち合わせの人たちでごった返している。

「あー、もしもしユリ?どこ?BIGMAN前着いたけど。なんか嵐山の映像が流れてる。見えてる?どこ?あ、宝塚に変わった。見えてる?どこ?手振るから見つけてや。」

打撲3日目みたいな黒ずんだ顔に天ざるを乗せたような髪型の学生風の男が女の子と待ち合わせなのか電話をしながら手を振っている。

「こんばんはー、友達がちょっと遅れてて、店の名前と場所は伝えてるので先に行きます?もうすぐ着くらしいんですけど、あ、友達からだ!着いた?どこ?BIGMAN前にいるよ。みんな揃ってるよ。どこ?え?BIGMAN前?どこどこ?今から手挙げるから見つけて!」

天ざるの横ではコンパの待ち合わせなのか男4女3のグループが微妙な距離感でぎこちない挨拶をかわしながら、待ち合わせでひしめくBIGMAN前の貴重な空間を贅沢に占拠している。
幹事らしき女の子は茶碗蒸しの器になりそうな柄の服で顔はヘドロのような感じ。髪質は泥パックの効果なのか艶がある。ヘドロ界ではきっとカワイイ方なんだと思う。雰囲気や言葉遣いは育ちが良さげなのでその点だけは評価したい。
そんなヘドロちゃんが遅れている友達に気付いてもらえるように手を振っている。

天ざる頭の打撲顔が手を振る横で
艶髪の茶碗蒸しヘドロが手を振っている。

まさにカオスである。

宇宙はビッグバンから始まりその直後の様子はカオスと表現されるが、今まさにビッグマンはカオスであり、僕は宇宙の誕生直後を目の当たりにしているわけだ。

気づけばあっちもこっちも手を振ったり電話でどこ?どこ?と言ったり、待ち合わせの場所なのに待ち合わせの機能を果たしていない。

通は反対側のcoBIGMANで待ち合わせするが、やはり週末になるとそちらも人だかりで待ち合わせ機能は低下する。

だとするならば、
「すげーおっぱいの大きな整形顔の子の近く。違う違う、整形顔の方。」
週末のBIGMAN前の待ち合わせはこれぐらいでちょうどイイのではないだろうか。

決めるのは時間、場所、その辺で最も特徴的な誰かまたは何かがいいだろう。

男なら誰でもおっぱいはキライじゃない。
すてきなおっぱいな持ち主のご尊顔は拝見したいものである。
だからこんな組み合わせがいいかもしれない。

もし女性と待ち合わせなら
「あと3年もしたら孵化してEXILEになりそうな三代目JSOULブラザーズの岩田くんに見えなくもないけど、よく見たら元大事マンブラザーズバンドのボーカルの人みたいな男性の近く。」

女性なら誰でも好きなEXILEと三代目というキーワードを散りばめて、メンディーではなく岩田くんの名前を出して興味を最大限に引き出したところで、結局は大事マンブラザーズバンドって何?と緩急をつける。

「深夜に『歯ブラシを持ってきて欲しい。』とか言いそうな男性の近く。」
え?高畑くんいるの?となるだろう。

「天パのメガネ、色白のデブ。貧乏くさくてリアルにくさい。」
僕の近くで待ち合わせするのはくれぐれもやめてほしい。

広告を非表示にする