読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諭吉をKOしたいけど。

好感度ランキング30年連続ぶっちぎりの一位。
上司にしたいランキング30年連続ぶっちぎりの一位。
友達になりたいランキング30年連続ぶっちぎりの一位。
抱かれたい男性ランキング30年連続ぶっちぎりの一位。
なんなら抱いてやるよランキング30年連続ぶっちぎりの一位。
どこに行っても顔パスランキング30年連続ぶっちぎりの一位。
かつあげに合う確率ランキング30年連続ぶっちぎりの一位。
マスターカードのCMにブチギレランキングぶっちぎりの一位。

DHCをも凌駕するランキング一位連発
の彼の名前は福沢諭吉
聖徳太子を押し退け一万円の顔となって早30年。

「人は平等だと言われてるけど
学問次第で人生はある程度決まっちゃうよ。だから勉強して実践してみなよ♪」
思いっきり要約すればそんな内容の『学問のすすめ』の著者で、日本有数の私立大学の雄、慶應義塾大学の設立者。

慶應義塾大学といえば、
「おかん、俺、慶應受けようと思うねんけどどう思う?」

「あんた!慶應いうたら有名な大学やんか!頭良くないとあかんのちゃうの?」

「一応可能性ある感じやわ。」

「あんた!いつ勉強してたん!勉強してんの見たことないわ!可能性あるなら頑張り!」

「金あるん?」

「合格しても行かせてあげられへんけど、受けて合格しといで!」

「や、やめとくわ。」

記念受験ぐらいしといで!」

「お、お気持ちだけもろとくわ。」

の、やりとりが思い出されるわけで、
おかんの意気込みとは裏腹にお金がないがゆえに諭吉さん創立の慶應義塾で学問をすすめるチャンスすらなかったわけで、諭吉さんが健在ならばクレームの電話を入れてやりたい。

うちに死ぬほど諭吉があったら慶應義塾大学で学問をすすめて僕も今ごろ慶應ボーイとして一流企業で働いて慶應ブランドでモテモテで僕の股間はKOボーイ。女子アナと結婚してタワーマンションに住んで高級車に乗ってブラックカードを所持して訳のわからないパーティーに参加していたに違いない。

無名の地方大学卒
バイト生活
財布には小銭だけ
移動は駆け足

今の生活の方がギリギリでいつも生きていたい自分には合っていると思うけど、KAT-TUNが活動を停止してUNKとなった今、そろそろ人並みの生活がしてみたいとも思う。そもそも諭吉の姿を何ヵ月見ていないだろうか。

男たるもの財布には年齢×千円を入れておけ、と昔のポパイで読んだけど先日は35円しかなくて
年齢×0.94594594594という日本人が忌み嫌う9と4がひたすら繰り返される循環小数を掛ける状態となったんだけど、僕の貧乏生活が無限循環から抜けられない暗示だろうか。

最近1万円を見たのは督促が届いた借金の返済時だ。本当に見ただけという哀しい時間だった。
3代目ジェイソールブラザーズの岩田くんのおかげで岩田姓のハードルが上がり、コンパの際に「岩田です。」と自己紹介するもその後の2時間を空気のように過ごさなければならないような感じ。
だけどその岩田くんが「年収は700万です。」と呟いた途端に数名の女性は関心を寄せることだろう。

一万円の顔となった福沢諭吉、今の日本の資本主義社会をどう見ているのだろうか。